動画虎の巻

実践で役に立つ 動画マーケティングの 成功バイブル

基礎

やらなきゃ損!?動画広告を行うメリットと注意点

  • Facebook0
  • Twitter0
  • B!ブックマーク0

動画広告はいま、メリットしかない理由

なぜオンラインマーケティングに動画広告を使うとメリットがあるのか?
一昔前までは動画や映像といえばテレビが主役でした。

しかし、スマホの普及により多くの人が、ネットに接続している時間が長くなり、比例してテレビに接触する時間が減っているからです。

今では、スマホを持っていない人に会うほうが難しいくらいです。

そうした環境の変化が起こっている現在、いかに自社の宣伝を行なっていけばいいのか?

その鍵はネット広告です。

 

テレビよりネットを使っている人が多いのであれば、そちらで宣伝するほうが効率的ってことです。

そして、そのネット広告では近年動画を使う動きが加速しています。

通信速度も上がり、サクサクっと動画を再生できるようになりましたので、より情報を多く届けることが出来る動画に広告主の需要が集まっている状況です。

 

バナーより動画広告の方がいいの?はい。そうです。

ネット広告の代表格といえば

  • リスティング広告

が挙げられます。

テキスト広告・バナー広告といえばイメージしやすいかもしれません。

これまでは通信環境が良くなかったので、情報量が少ないテキストやバナーで広告を行っていましたが、今では動画を使った宣伝もできるようになっています。

では、「テキスト」「バナー」「動画」では見る人にどんな変化を与えられるのでしょうか?

下の図を御覧ください。

図の通り、【動画>バナー>テキスト】で伝えられる情報が大きく変わってきます。

動画であれば、音やセリフ、ストーリーもメッセージとして、伝えられるのでより表現力が高まり雰囲気やブランド力といった顧客ロイヤルティを高める情報をユーザーに渡せるのです。

動画広告はメリットだけじゃない!動画を使う注意点

動画を使えば売上や宣伝効果が高まると思っていると、それは注意が必要です。

動画は情報を多く伝えられる事が強みですが、弱みとしては「見てもらえなければ伝わらない」ということです。

あなたもYoutubeを見たことありますよね?

面白くない、もしくは興味のない動画を見た時に途中で止めるか別の動画を見に行きませんか?

動画はユーザーの時間を奪うので、ユーザーに気に入られなければ意味がありません。

その為に必ずやらなければいけないことは、

「動画を使って何を達成したいのか?」(目的)
「誰に見てもらいたいのか?」(ターゲット)

を明確にする事。

これを第一に考えて動画広告に取り組んで下さい。

今すぐ購入

WRITER

村岡 雄史

村岡雄史 村岡雄史の記事一覧

株式会社GOODELEPHANTのマーケティングディレクター。
DTPデザイナー → 広告代理業 → WEBディレクター → WEBマーケターを経て株式会社GOODELEPHANTを設立。
バンドのように各ジャンルのクリエイターを集めて新しいクリエイティブを世に出せる会社を目指してます。
ビールとクラブミュージックが好きな人とはすぐに仲良くなれます。最近ハマっているのはPCDJ。
当面の夢はDJコントローラーをオフィスに置くこと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • Twitter0
  • Facebook0
  • B!ブックマーク0
  • Goole+
  • chatwork
  • LINE

©2021 動画マーケティングを成功に導く!動画虎の巻